2014/11/24

「work -私の仕事場の作品たち- 10」

 
 
 
  
 「段熨斗目綾市松織着物」
 
 
 
 
 「着物上部部分」
 
 
 
 
 「織拡大部分」
 
 
 
 
  「着物帯下部分」




 
 「着物裾部分」
 
 
 
「着物部分」
 
 
 
 
 使用素材 /家蚕座繰リ絹糸/藍・渋木皮 /綾市松織 /段熨斗目着物



 
  「紅葉の色の季節に、新緑の色の仕事をした。」 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/07/15

「work -私の仕事場の作品たち- 9」

 
 
 
  
 
 
 
 
「すれ違うたそがれの時間」  2006







素材 /絹・藍・・蘇芳 /模紗織 /額装 56×84

 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/07/05

「work -私の仕事場の作品たち- 8」

 
 
  
 
「春の譜 綾市松織熨斗目着物」
 
 

 
 
「着物肩部分」
 
 
 
「着物肩下部分」
 
 
 
「着物裾上部分」
 

 
「着物裾部分」
 
 


 
 
 使用素材 /家蚕座繰リ絹糸・天蚕紬飾り糸/蘇芳・コチニ
  ール・西洋茜・柘榴・苅安・矢車 /綾市松織 /熨斗目着物



「雑誌でつかわれた着物。若々しい着物でといわれた。時は春、その時、
 赤だなと思った。そして、もう赤でもないわね~、といわれる年代層に似
合う色を思った。それで、いろいろな赤を染めてみた。わが意を得られた
と思う。制作期は、師走から正月へ、時間に追われた思いがある。」
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/01/19

「work -私の仕事場の作品たち- 7」

 

 
 
 
 
 
 「桜地花織着物」
 
 
 
「裾部分」 
 
 
 
「着物部分拡大」


 


「着物部分」






 
 
 
 
 
      ■ 使用素材 /家蚕座繰リ絹糸・柞蚕糸×家蚕座繰リ糸・天蚕紬飾り糸/
        桜枝 /花織 /着物




       「昨年の3月下旬、桜の枝で染めた着物地だ。こんなに素直に色が染められる
     染材はあんがい少ないのではないだろうか。染の結果は桜の花の色の再現だ。
     この桜の色素は何で構成されているだろうか、という化学式には興味は持たな
     い。染めると、この色になるのだから。桜の花びらのイメージで織の組織は花織
     にした。
      桜の花は、万葉の時代から歌に詠まれてきた。しかし歌に詠まれるずっと以前
     から古い農耕の歴史では、桜は春の農作業の指標として使われてきたという民
     俗学的見方もある。」
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/01/01

「work -私の仕事場の作品たち- 6」

 
 
 
 
 「仕立て帯地」 2000年代後半
 

 
 
 
「花織の帯地」 
 
 
 
「平に摸紗織」
  


「八枚吉野織」 
 
 
 
「花刺し子織」
 
 

「八枚吉野織」


 
 「道頓織」
 

 
 
 
 
 使用素材/家蚕座繰り糸・天蚕座繰り糸・家蚕座繰り半生糸・天蚕紡糸・ずりだし糸、
      藍・亜仙・柿渋・蘇芳・コチニール・五倍子…他 / 仕立て帯地
 
 
 「箪笥の中に眠っている帯地たち。けっして出来が悪かったというのではなく、自分の
  好みで作ったものなので、なんとなく名残おしく出しおしみを、してしまっていた帯地   
たちである。そろそろ世に出してあげたいと思っているもの達であるのだが・・・。」